ピンクコンパニオンって風俗?どこまでOKなの?

セクシーコンパニオン

よく耳にするんだけど、具体的にどんなものなのかわからない……「コンパニオン」も、そんな言葉のひとつではないでしょうか?

そもそも、コンパニオンという言葉自体にはさまざまな意味があります。もともとコンパニオンという言葉は、仲間や付き添いといった意味の英語です。そこから、日本では接客サービスを行う女性の職業という意味で使われるようになりました。

ただ、職業というコンパニオンにもさまざまな種類がありますので、いまいちイメージしにくいという方も多いようです。たとえば、さまざまなイベントや展示会などで、接客や司会、案内などを担当する女性は「イベントコンパニオン」と呼ばれ、人気職業のひとつとなっています。その他にも「コンパニオン」と呼ばれる接客業が、いくつか存在しています。

ここでは、その中でも夜のコンパニオンとも呼ばれる、ピンクコンパニオンやソフトコンパニオンについて、ご紹介します。

旅先での夜を盛り上げてくれるピンクコンパニオン

コンパニオン勢ぞろい
夜の遊びに慣れている方であれば「コンパニオン」と言われると、真っ先にピンクコンパニオンを思い浮かべるのではないでしょうか?

このピンクコンパニオンは、温泉街などでの宴会をちょっとエッチに盛り上げてくれる女の子達のことを指します。昔ながらのお座敷遊び的なものを楽しめるサービスをイメージすると、わかりやすいかもしれません。

では、具体的にはどんなサービスを受けられるのでしょうか?

もちろん、オーダーしたプランによっても異なりますが、基本的にはお酒の席での接客全般と、ちょっとだけエッチなサービスです。
もちろん、ピンクコンパニオンは風俗ではありませんので、露骨な性的サービスを受けることはできません。ですが、場の盛り上がりによっては、ちょっとしたボディタッチや脱衣なんかも期待できます。
コンパニオン宴会のイメージ
温泉街へ行けば必ず、こういったサービスを提供してくれるところがいくつもあります。もっと旅先での夜を楽しみたいという方は、チェックしておきましょう。

ピンクコンパニオンとソフトコンパニオンの違いは?

夜のコンパニオンとして、ピンクコンパニオンと他に、ソフトコンパニオンというものもあります。この二つにはどんな違いがあるのでしょう?
コンパニオンセーフ
結論としては、基本的なサービスにそれほど大きな違いはありません。ですが、ソフトコンパニオンの方がその名の通りサービスの内容がややソフトになります。過激なおさわりや脱衣などはあまり期待できません。なので、接待など、あまりハメを外すことができない宴会などで利用されることが多いようです。
また、スーパーコンパニオンという名称が使われることもあります。こちらは、単にピンクコンパニオンの別名と考えて良いでしょう。

そんなピンクコンパニオンですが、様々な代理店が今日ございます。
その中でも良し悪しがあり、サービスがよくない場合もあります。

私が利用していた中でもっともサービスが良く丁寧だったのが、
ピンクコンパニオン旅行
でした。毎回別の人が対応しますが、それでも丁寧に皆対応してくれるし、少々こちらが無茶振りをしても答えてくれるところ。
ないより早さが早いので使う人がいれば是非オススメしたい代理店です。

さぁ、旅先での夜をもう少し盛り上げたい…そんな時はピンクコンパニオンやソフトコンパニオンを呼んでみてはいかがでしょうか? きっと、素敵な旅の思い出作りができるはずです。